オンライン英会話

【教材】ネイティブキャンプTOEIC800点コースを受けてみた

 

ネイティブキャンプであわよくばTOEICの点数を上げたいと思っている方は多いのではないでしょうか。

 

しかし現実にはTOEICの点数を上げたいという気持ちや英会話を学びたい気持ちなどやりたいことが多くあり時間が足りないのが現状かと思います。

 

ネイティブキャンプ の教材にはTOEICのリスニング中心とした教材を選ぶことができます!

 

英会話を学ぶのと同時にTOEICのスコアアップも望めるため一石二鳥であると思います。

 

今回はネイティブキャンプ のTOEIC800点コースの教材構成とレッスンの流れについて実際の体験談をもとに説明していきます。

 

教材の構成

part1からpart4までが3セット用意されています!

 

セットの構成は以下のようになっております。

<1セットの内訳>

Part1 6問
Part2 20問
Part3 18問
Part4 18問

 

1セットでかなりのボリュームがありますね。

 

<実際のTOEIC>

Part1 6問
Part2 25問
Part3 39問
Part4 30問

 

実際のTOEICをコンパクトにしていることがわかりますね。
短い時間で本番形式を体験することができます。

 

part1

 

1枚の写真について選択肢が4つ読まれます。

 

教材内では白黒の写真が掲示されており、本番同様の仕様となっております。

 

1度聞いて聞き取れなければさらにもう一度聞くことができます!

 

その後正解だと思う答えを伝えましょう!

 

個人的には間違った答えを言ってしまった時の講師の表情がツボですW

 

「A!!」

 

自信満々に間違った答えを言うと、

 

「うんんん」

 

って感じの顔をしますW

 

私の講師だけかもしれませんが。

 

解答が終わると正解を教えてもらえます。

 

その後、選択肢の4つの文章を再度聞き、実際に自分自身で一言一句発音していきます。

 

これがかなりタメになると思っています。

 

大枠の意味が理解できていても、意外と前置詞などが聞き取れていないんですよね。

 

聞き取れなくても講師が文章をタイプしてくれるので安心してください。

選択肢の文章を一字一句聞き取る時間がある

 

part2

 

1つの文章が読まれ、3つの返答の中から正解を選びます。

 

まずは講師の力を借りずに単独でチャレンジしていきます。

 

答え合わせが終わったら、質問と3つの選択肢が再生されるので全く同じように自分で発音してみます。

 

実際に受講してみると知っている単語なのに聞き取れないことがあります。

 

単語と単語が繋がっているケースは非常に難しいです。

 

聞き取れない単語は、講師が丁寧に説明をしてくれました。

 

聞き取れない単語は講師が丁寧に解説してくれる

 

part3

 

複数人の会話を聞いた後、3つの質問に答えていきます。

 

普段のTOEICであればdirectionのアナウンスの間に先読みをすることができるのですが、講師がいきなり再生してくるため先読みができませんでした。

 

しかしむしろ英語力を鍛える意味では先読みできない環境のが成長するのではないかと感じています。

 

解答が終わると、会話の各センテンスをリスニングして一言一句リピートしていきます。

 

センテンスが穴埋めのようになっているのですがこれもまた難しいです!

 

質問に正解できていても、正確に聞き取れていないことを痛感させられます。

 

私は何度かナレーションを聞いてもわからず、講師にゆっくりと発音してもらいようやく理解できたものもありました。

 

例えばseeとsheなど、一度seeだと思ってしまうとまさかsheであるなんて想像できないんですよね。

 

 

ただ悩めば悩んだ分答えを知ったときに強烈に記憶に残ることを実感しました。

 

 

穴埋め形式でセンテンスをリスニングしていく

 

part4

 

1人の話し手の長文を聞いて、3つの質問に答えていきます。

 

ここまでは通常の試験と同じ流れです。

 

その後、各センテンスの一部がブランクになっている文章を講師がメッセージで送ってくれます。

 

リスニングをしてその空欄に入る単語を答えていきます。

 

最後に文章全体を3回リスニングしていきます。

 

最初の2回は高速バージョン、2回目は通常のスピードです。

 

高速バージョンの後に通常の速度の音声を聴くとものすごくゆっくり聞こえますW

 

こんなゆっくり話してもらっているのに何で聞き取れないんだ。。

 

と自分の未熟さを痛感させられます。

 

倍速リスニングの効果は、スムーズに英語の意味が理解できるようになるという点にあります。

 

あくまで単語やセンテンスの意味が理解されている前提で効果を発揮するので、

中盤の各センテンスのリピート時間で語句の意味を整理しておく必要があります。

 

センテンスの穴埋めの後に、高速リスニングを行う

 

まとめ

いかがでしたか。

リスニングパートの各レッスン内容がよく理解できたかと思います。

 

ただの問答で終わらずに、各センテンスの一言一句まで掘り下げてくれるところがありがたいですね。

 

各パートでレッスン方法は異なりましたが、それぞれのレッスンの意図をあらかじめ理解しておくことでより効果的な学習ができると感じました。

 

皆さんもネイティブキャンプ のTOEIC教材を駆使して本番で445満点を目指しちゃいましょう!