google-site-verification=gz9rxDyf12M5eo1DsWt8JvDnrESeakL6MnkxrS6To9I
オンライン英会話

オンライン英会話にはワイヤレスイヤホン?有線イヤホンを捨てて後悔

登録したオンライン英会話のレッスン予約が無事に完了したが、そういえばイヤホンは何が良いのだろう。

 

思い切ってBoseの完全防水性能を兼ね備えた「Quiet Comfort Earbunds」でも購入しようか。価格は32,980円からか…高いな。でも価格コムでは総合2位だし、評価も高いな。これから本格的に頑張るんだし、冬のボーナスで買っちゃおうかな。
イヤホンについて考えているだけであなたは白骨化してしまうでしょう。周りの友人がiPhone付属のイヤホンでメキメキと英語力を伸ばしているのに!

私も始める前にいろいろ考えてしまうタチなので、どのイヤホンにしようか悩みまくりました。ある程度オススメされいているモノは決まってます。この記事を読んで最適解を見つけていただき、英会話を学ぶ時間に集中してください。

取組む場所によっては必要

皆さんはどんなところでオンライン英会話のレッスンを受講するのでしょうか。

 

一人暮らし6畳1Kの部屋でニトリの椅子に座って受けるのでしょうか。はたまたガミガミうるさい奥さんとわんぱくな息子がいるリビングでやらざるを得ない人もいるかもしれません。そうであればイヤホンは必須アイテムです。

 

リビングでやろうものなら、ただのイヤホンではなくノイズキャンセリング機能が付いたものがよいでしょう。装着した途端、海の中に潜っているよう静けさに包まれます。その他、カフェでくつろぎながら最寄駅から家まで歩いている時なんかもイヤホンがあれば難なくこなせます。

 

あとは常識からの逸脱や恥ずかしさをどこまで許容できるかですね!

 

どのようなイヤホンがよいのか

必須の機能

 

ハンズフリー機能

 

様々なタイプがあるので、明確な基準がないと迷いますよね。しかしイヤホンといっても必須で欲しい機能は決まっています。

 

イヤホンにマイク機能がついているものを選びましょう。巷ではハンズフリーイヤホンなどとも呼ばれております。今ではダイソーなどの100均ショップでも購入ができるようになっているので、気軽に手に入れることできます。

 

オンライン英会話で使用するとなると、音楽を聴くのとは勝手が異なります。なぜなら自分の声も相手に届かなければならないからです。そのためマイクがついていないと結局スマホ顔に近づけて一生懸命話さなければならなくなってしまいます。

 

それならイヤホンいらなくない?ということになります。

 

ノイズキャンセリング機能

 

ノイズキャンセリング機能は周囲の雑音を除去することで、音声がよりクリアに聞こえる機能です。音が一切ない空間で話しているような感覚を味わえます。ノイズキャンセリング機能がついているイヤホンは耳に装着する部分にゴム状のパッキンがついているものが一般的です。

 

これらのイヤホンは「カナル型イヤホン」と呼ばれておりノイズ除去機能に優れております。

 

ちなみに話は逸れますが、カナル型の「カナル」は英語でcanalです。「運河」という意味があります。また、”ear canal”で「外耳道」という意味があります。マニアックですねWちなみに外耳道とは、耳の穴のことです。皆さんが耳クソをほじほじするところですね。カナル型は耳の穴に入れるためこのような名前がついています。

 

ワイヤレスイヤホンがおすすめ

 

おすすめ機種

 

私が愛用しているのはAirpodsです。

 

冒頭で申し上げた3万円もするBoseのイヤホンを大枚叩いて買う必要はありません。背伸びは禁物です。

 

価格は17,000〜18,000円程度で中価格帯といったところでしょうか。何よりシンプルなフォルムで使い心地は抜群です。

 

特にiPhoneとの親和性は抜群です。装着した途端「トゥルン」みたいな音が鳴り接続が始まってます。他の機種だと接続までに一手間二手間かかることもざらであり、小さい点ですが毎日使うモノなのでこの使い心地は重要だったりします。

 

注意点

 

ここまでオンライン英会話で使っているイヤホンについて説明してきました。しかし、1点注意してもらいたいのが、環境が揃っても実際に使えるかはサービス次第の可能性があるということ。

 

オンライン英会話の大半は海外の現地講師と通信インフラを介してレッスンが行われます。よってネットワーク環境は完ぺきとは限りません。

 

私も実際にアプリを利用していて、Airpods経由で発した声が一部の講師に届かないというアクシデントを経験しました。いくら笑顔で挨拶しても相手がムスッとした顔で「ん?なんか変なこと言っちゃったかな?」と心配になったことが何度かありました。結局Airpodsの問題ではなくサービスの問題だったので安心しましたが、今まで便利に使っていたものが突如使えなくなるとかなり焦りますよね。

 

私はもうワイヤレスイヤホン一択で生きていくぜwと勢いづいていたので2つほど机の上に置いていた有線のイヤホンは全部ゴミ箱にスリーポイントシュートでぶち込んでしまいまっておりました。まだ有線のイヤホンを持ってる人は安易に捨てないでください。Bluetoothイヤホンを手にした瞬間、伝説のポケモンをゲットしたくらい無敵になった感じになりますが、通信状態によってはノーマルワザしか覚えていないのに、ゴーストタイプのポケモンに遭遇する時くらいの絶望に出くわす可能性があるということを覚えておいてください。