オンライン英会話

【比較】camblyとネイティブキャンプはどちらがおすすめ?

 

オンライン英会話を始めたいけど、Camblyとネイティブキャンプってどっちのがいいの?コスパが良くて英会話スキルがちゃんと身につく方がいいなぁ

 

と悩んでいるのではないでしょうか。

 

この記事ではCamblyとネイティブキャンプを徹底比較してみました。

 

実際に両方のサービスを体験した私が3つの項目から比較しています。

 

・価格

・講師数

・教材

 

 

価格

まずは2つのサービスの価格を比較してみましょう。

 

サービスを検討する際のに、料金って大切ですよね。

 

毎月継続して支払うことを考えると、できるだけ安い方がいいでしょう。

 

以下、2つのサービスのざっくりした料金体系です。

 

 

それぞれの料金の特徴をみていきましょう。

 

Cambly

 

Camblyは料金体系が36種類もあります。

 

多すぎますよね。ここまで細分化されていると、いったいどのようなコースが自分に合っているのかわかりませんよね。

 

選んだコースが安いのか高いのか、他に良いサービスがあるのかもわからない状況です。

 

Camblyの料金体系は36種類

 

料金体系の詳細は、下記の記事に記載しているので参考にしてください(‘ω’)ノ

 

知らないと損するCamblyの料金体系【36パターンもあります】

 

基本的にはレッスン頻度と1回あたりの時間、継続期間で細かく分かれています。

 

レッスン頻度×1回あたりの時間×継続期間

 

例えば、週に1回のレッスンの場合は以下のようになります。

 

 

週に1回がミニマムの頻度です。

 

最小で2,074円

 

一方、最大で週7回のレッスンができるのですが、その場合は以下のとおりです。

 

 

最大でなんと56,490円!!オンライン英会話でここまでの金額払うのはかなりお金持ちの方しかいないのではないでしょうか。

 

最大で56,490円

 

5万円あれば都心でも一人暮らしできちゃうレベルですw

 

結論として、レッスン受講頻度で料金が大きく異なることがわかりました。

 

・Camblyの料金体系は36パターン

・週1回~7回の頻度で料金は大きく異なる

 

 

ネイティブキャンプ

 

ネイティブキャンプは国内でも最もポピュラーなサービスの1つです。

 

先ほどのCamblyの料金が36種類もあることを説明しましたが、ネイティブキャンプはいたってシンプルです。

 

24時間受け放題 6,480円/月

 

24時間好きな時に受けることができます。

 

料金は1種類のみで、6,480円です。

 

別途ファミリープランなどもありますが、個人での料金は上記のみになります。

 

何も迷う必要がないのでありがたいですよね。

 

ただ、事前予約をするには、別途コインが必要です。

 

ネイティブキャンプの料金については下記記事を参照してください(‘ω’)ノ

 

ネイティブキャンプの料金はシンプルで6,480円/月

 

 

講師数

料金はネイティブキャンプのがコスパがよいということがわかりました。

 

ただ、いくら安いサービスでもレベルの低い講師しかいなければお金をドブに捨てるのと同じです。

 

できる限り訓練を受けている講師から質の高いレッスンを受けたいというのが本音ではないでしょうか。

 

この章では、講師に焦点をあててみました。

 

講師数はほぼ変わらない

 

2つのサービスの講師数はどのようになっているのでしょうか。以下、比較した表になります。

 

 

ネイティブキャンプのが2,000人ほど多いですが、大差はなさそうです。

 

日本国内に展開しているオンライン英会話で講師数が1万人を超えるサービスはほとんどありません。

 

その点、Camblyとネイティブキャンプは1万人以上が在籍しているので、自分にあった講師を見つけることができる可能性は非常に高いと思います。

 

どちらのサービスも講師数は1万人を超えている

 

ただ、実は気をつけなければならないのが、アクティブ状態の講師がどれだけいるのかということです。

 

講師数は多くても、実際に稼働している講師が少なければ意味がありません。

 

今のところ、サービスに影響がでるほどの非アクティブはないようですが、

 

時代の変遷とともにオンライン英会話の流行りが過ぎて講師数が減少することは考えておいた方がいいかもしれません。

 

 

講師数だけでは意味がない!?会員数も比較してみた

 

講師数は問題なさそうですが、そもそも会員はどれくらいいるのでしょうか?

 

1万人以上講師がいるから安心して入会したものの、いざレッスンを始める時に

 

えー!!まったく予約できないじゃん。。

 

ということにならないようにしたいですよね。

 

スタバの福袋が欲しいのに、アクセスが集中して自分が見れるようになったころには完売しているようなものです。

 

Camblyとネイティブキャンプの会員数はざっくり以下のようになっています。

 

 

実はCamblyのが会員数が多いんですね!Camblyのが倍近く多いことがわかりました。

 

Camblyのが40万人ほど会員が多い

 

Camblyは講師数はネイティブキャンプよりも少ないのに、会員数が1.6倍だと…? 全然レッスン受けれないじゃないか

 

と心配になりますが、安心してください。

 

そもそもネイティブキャンプはレッスン受け放題ですが、Camblyは1カ月に受講できるレッスンに上限があります。

 

なのでアクセスが集中して講師とレッスンができない状況は起こりにくいといえるでしょう。

 

レッスン体系が異なるから受けれないという状況にはならない

 

 

ネイティブの在籍数を比較

 

前項で、講師数と会員数をみてきました。

 

講師数は大差ないものの、会員数はCamblyのが40万人程多いというのが意外でしたね。

 

ネイティブキャンプは日本国内でのサービス展開が中心ですが、Camblyはアメリカの会社なので、ユーザーは世界各国にいることが大きな要因です。

 

講師数は1万人以上在籍しておりましたが、そのなかでネイティブキャンプ講師はどれくらいいるのでしょうか。

 

 

Camblyはネイティブ講師のみ在籍しています。

 

なのでネイティブ率は100%ですね。

 

先ほどの料金比較でも比較的高い印象がありましたが、全講師がネイティブなので人件費が高く、高品質であることが理由のようです。

 

料金が高い理由については下記リンクで説明しています。

 

一方でネイティブキャンプは、12,000人以上いる講師の中で、ネイティブは434人しかいませんでした。

 

比率は4%です。

 

こうしてみると少ないですよね。

 

実際に利用している感想としては、ネイティブとレッスンするのは予約が必須であるという印象でした。

 

また、予約をしようと思っても、そもそもすでに埋まっているケースが多かったです。

 

在籍数は434人ですが、実際にアクティブなのは半分もいないので、ネイティブとレッスンをするには課金するだけでなく、

 

スケジュール更新のタイミングを図って予約争奪戦に参加しないといけないと思います。

 

・ネイティブキャンプでネイティブとレッスンをすることは比較的難しい

・Camblyはオールネイティブなので、探す労力はゼロ

 

 

 

教材

講師の質と料金体系については理解できたと思います。

 

次に大切のなのは、教材ですね。

 

オンライン英会話では基本的に教材を使ってレッスンを行っていきます。

 

スキルの低い講師にあたってしまっても、教材のとおりに進めていけばある程度の品質のレッスンが保証されるようになっています。

 

要は仕組化されているので、同程度の品質を毎回提供することができるんですね。

 

教材が優れいているから毎回のレッスンの品質が保たれている

 

ただ、2社で利用できる教材には異なる点があるのも事実です。

 

コンテンツの比較をすることで、自分のニーズに合った教材が多い方のサービスで始めることをオススメします。

 

Cambly

 

Camblyは最近教材を充実させることに力を入れています。

 

以前は、教材数が少なく、フリートークが中心でした。

 

なんで、英語を一から学びたい初心者には少しハードルが高いように感じましたが、近年では初心者でも安心してレッスンができる環境を整えています。

 

 

教材は上記の表のように、4種類のコースがあります。

 

それぞれ5種類ほどの教材が用意されていて、1つあたり10コンテンツくらいあります。

 

そこそこのボリュームがあるなといった感じです。

 

試験対策はTOEFLとIELTSのみなので、英語上級者向けであることがわかります。

 

・教材は4種類のコースがある

・試験対策はTOEFLやIELTSが中心で上級者向け

 

 

ネイティブキャンプ

 

ネイティブキャンプはCamblyと比較しても教材が豊富に用意されています。

 

だいたい30種類くらい用意されています。

 

ネイティブキャンプの教材は30種類以上

 

幅広いニーズをカバーしており、キッズ向けやスピーキングテスト対策、発音、カランメソッドなど自分の目的に合った教材を選ぶことができます。

 

ちなみにカランメソッドは最近流行っている英語学習法です。

 

詳しくは下記リンクを参照ください。

 

また、試験対策はTOEICと英検に対応しています。

 

見事にCamblyとカバーしている試験が異なっていますね!

 

ネイティブキャンプはTOEICと英検に対応した教材がある

 

発音や文法など基礎的な部分に焦点をあてた教材が多いのも初心者には嬉しいポイントですね。

 

・初心者向けの教材も多く30種類以上とラインナップが豊富

・試験対策はTOEICと英検に対応している

・カランメソッドがあり、効率的に英会話スキルを習得可能

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

以下、今回の比較をまとめました。

 

 

料金はCabmlyのが幅がありました。

 

週に1回15分で充分!!

 

というようにレッスン頻度が少なくていい人は、Camblyのがお得ですね。

 

一方でできる限りやりこみたいという人はネイティブキャンプがオススメです。

 

また、ネイティブとのレッスンを重視する人はCamblyがいいですが、こだわりがない人はネイティブキャンプのがいいでしょう。

 

ネイティブキャンプは初心者向けの教材が多く揃っているので、一から学びたい人にオススメです。

 

・初心者や数多くこなしたい人はネイティブキャンプがオススメ

・上級者や頻度少なめの人はCamblyがオススメ

 

結論はこんな感じです。

 

ぜひ自分にあったオンライン英会話を選んで、英語が話せるようになりましょう(‘ω’)ノ