google-site-verification=gz9rxDyf12M5eo1DsWt8JvDnrESeakL6MnkxrS6To9I
英語表現

COVID-15ってどんな意味?|全部コロナのせいにする淑女たち

 

COVID-15..あれ?今はやっているコロナのことでしょ?

 

と思った方はちょっと待ってください!

文字をよく見てみてください。

 

わかりましたか?

 

巷で流行っているコロナはCOVID-19なんです。今回ご紹介するのは19ではなく15なのです。

 

実はこれネイティブの間で最近使われているスラングなんです。こんな疑問をネイティブに聞いてみました。

COVID-15ってどんな意味?

太ったことをコロナのせいにするジョーク

COVID-15はコロナ禍でステイホームが続き、15ポンド太ってしまう状態を指します。

 

言い得て妙ですよね。確かに自粛するようになってからお菓子やらなにやら食べる量が増えた人は多いのではないでしょうか??

 

ちなみにアメリカでは体重は「キロ」ではなく「ポンド」で表記します。1ポンドが453.6グラムなので、COVID-15はだいたい7キロ弱といったところでしょうか。

 

結構太っちゃってますね!(笑)

 

元ネタはfreshman 15からきている

COVID-15はなんで15なの?

 

という声が聞こえてきそうです。確かに15になった由来が気になりますよね。実はこれにはfreshman 15 という表現からきていました。

 

freshman15とは

 

大学1年生が新生活で15ポンドほど太ってしまうこと

 

を意味した表現です。

 

日本ではあまり大学生になって太るという感じはしませんが、アメリカでは一般的な認識のようです。

 

運動不足やストレス、ファーストフードなどの食生活をはじめとして大きく環境が変化するからでしょうね。

 

COVID-15はこれをもじってつくられたスラングということになります。

 

Twitterで実際に使っている様子をみてみる

世界のトレンドを知りたい時にツイッターは非常に便利です。

 

 

上の投稿では、「コロナ太りを減らすための手助けをする2021年の最善のダイエットリストがリリースされた」という趣旨で使われていますね。

 

COVID-15「コロナ太り」って意味でしっくりくるような印象です。

 

 

上の投稿からも、keep 「the Covid 15」 away from west line.と名詞として用いられていることがわかります。

 

オンライン英会話でネイティブに聞いてみた

本当にネイティブはCOVID-15を知っているのだろうか

本当にそんなスラングが使われているの?と気になったので、オンライン英会話で有名なネイティブキャンプにて質問してみました。

 

Whati is the meaning “COVID-15” ?

 

今回のレッスンの講師は50代くらいのダンディな男性です。(ジェームズボンド風)

 

It is a joke. It means the 15 kilos of body weight that someone gains by staying home, not going to the gym, not exercising, and be eating constantly during the Covid-19 lockdowns.

 

知ってた…!!知っている前提でいきなり聞いたのですが、きちんと答えてくれました。

 

彼曰く、これはジョークで、ステイホームで15キロ太った時に言い訳する女性が使うとのことでした。

 

「全部雪のせいだ」ならぬ「全部コロナのせいだ!」ってかんじですね。

 

COVID-15は年齢に関係なく利用されるらしい

thank you for answering the question. It’s funny. Is this word used among young people right?

 

COVID-15を使う人は何歳くらいなの?と気になったので聞いてみました。

 

not just by young people. But it is a joke and it is used mostly by women who are trying to find an excuse for why they are getting fat.

 

ジェームズボンド風アメリカン曰く、若い人以外でも使うとのこと。自粛期間中に太ってしまった女性が都合のいい言い訳として探すとのこと。